下雨的日。

台湾の雨に打たれながらアイドル考察と中国語留学。

ただのファンから見たSMとEXO

好きなアイドルグループがデビューしてから変わってしまったと嘆くファンにだけは絶対になりたくなかったのに、カイくんの熱愛報道にはしばらく無感情だった後に猛烈な勢いで「調子乗ってんじゃねぇぞEXO」という思いが押し寄せてきました。

 
 
べつにEXO自体は何も悪くない。尊敬している先輩の一人がみんなクソなアイドルとそうじゃないアイドル見分けるの下手すぎ、EXOなんかこんなの想像できてたっておっしゃってましたが私は……EXOがクソなアイドルだとは微塵も思いません。
 
あんな大きな事務所のなかで、いろんなプレッシャーに耐えながら、サセンにも苦しめられて数多の噂流されて、大きな騒動も経験して、一人は中国と韓国行ったり来たりしながら戦っていて……ファンに言いたくても言えないこと、したくてもできないこと、我慢して飲み込んでることがたくさんあるだろうに、よくここまで耐えてきてくれた。
 
 
稼ぎ頭なのはわかるけれど、EXOは少し休んでもいいんじゃないかと思う。しばらくNCTとかに任せといてさ(適当)。仕事してないと落ち着かないマグロみたいなのばっかりなグループだし致命的なまでにクソ真面目で面白くないけど、体はひとつだし心もひとつだから。ちょっと休もう。少し休んで、また力を取り戻して戻ってきてくれさえすれば、以前よりもっともっとクオリティの互いパフォーマンスができるはず。だって数年前とは、踏んでる場数が違うんだから。もう勢いだけで攻めていくのはやめて、ぐっと固まったチームワークで緻密に攻めてほしい。
 
 
私自身、数年前と比べてEXOのイメージが変わり始めているのについていけてなくて。前までは、ビジュアルも実力も文句なしでミステリアスだけどバラエティにもラジオにもあの人数でぞろぞろ出てきて超親しみやすいグループっていうイメージだったけど、なんだか今は、やっていることが大きすぎてどうなってるのかわからない。スターウォーズの韓国版主題歌と言いつつ、EXOが歌うからアジア全体で流行っちゃうし、チャニョルがUnpretty Rap Starにゲストとして出てきたのもびっくりした。いつからそんなラッパーの肩書きでかくなっちゃったの?みたいな。YouTubeのpoor rapっていう書き込み見て悲しくなった。場をわきまえるというのはどんな立場の人にも必要なスキルなはずなんだけどな、事務所……。フィーチャリングとかえっせむの謎のデジタルシングルシリーズとか(絶対それぞれカムバック用意できないから個人で出そうとしてる)小さい活動も多すぎてまったく追えてない。シンプルに私が遠ざかってると考えることもできるけど、これまでよく知ってたグループで、Twitterで流れてくる情報のクオリティも今まで通りなのに、こんなにわからないのは私自身だけがわからない要因じゃない気がする。他のファンの人たちは追えてるんだろうか。
 
そうやって私がわかんねぇ~ってなってる間に出た熱愛報道。しかもカイなんてメンバーのなかでもマンネラインじゃないですか。初めて知ったときにはまだ二十歳そこそこだったカイくんが?熱愛?しかもクリスタルと?大人になったんだねEXOも。みたいな。
 
カイくんというEXOピュアゾーンのエースと、SMの古株同士であるクリスタルの恋愛は、あまりにもストーリーが見えすぎてて映画にできる。ずっと前から知っていて、テミンという親友が先に夢を叶え、クリスタルがその次にデビューして、焦燥感に駆られるカイ。それでも何年かしてデビューを果たしてトップアイドルまでのぼりつめて、やっと二人に追い付く。そこから何か芽生えるんですかね?それともずっと前から気になってて、テミンの次にクリスタルがデビューして二人対カイみたいな構図になってて、その壁を乗り越えて初めて気持ちを伝えられたみたいな?とにかく二人の初恋感が半端なくてすっぱぬかれたのが可哀想で。
 
トップアイドル同士のピュアな恋愛の感じは、セレブリティを推すSMにとってジャスティンとセレーナみたいな感じなんですか?そういう位置付け?カイスタルに関しては事務所に売られた感が半端ないんですけど?
 
熱愛報道の裏に何かしら大きな出来事がくっついてくるのはSMのジンクスだけど、ここまで続くと意図を感じずにいられない。KPOPのファンってグループ単体だけじゃなくて事務所ごと好きになりがちだし、好きなグループのマネジメントをしている事務所のことはすごく気になるものだから、SMについてだってよく知ってるファンが多い。今回のカイスタルはNCTのデビューとかぶってるし、クリス脱退の後はテテベク事件あったし。他にもほじくり返せばいろんなもろかぶり事例が出てくるので、何か関係性とか法則を探したくなる。
 
NCTも気を付けろ。次のグループが出てくるとき必ず狙われるぞ。
 
 
SMのアイドルって事務所の比護のもとにあるように見えて、実は搾取の対象だったりもする。テヨンがわざわざオープンカーの屋根を開けてベクにキスしたの、事務所から指示があったとしか思えない。ベクは兄さんの事件をもみ消すために売られたんだろうなってまだ思ってる私の脳内はお花畑なんだろうか。でも、いくらテヨンでもあんな馬鹿な真似をする感じでここまで生き残ってきたとは思えないんです。彼女にも良識があるはずだし。
 
あんまり事件ばっかり起こしてると、新しい練習生入らなくなるんじゃ?と思っています。しっかり管理してくれる事務所を選びたいし、爆発的に売れたいのではなくて歌手をやりたい、と思う才能のある子はSMじゃなく他の事務所を選びそうな気がする。練習生も多くて競争率の高いところよりは、少数精鋭の事務所の方がよく見てもらえるし大事にしてもらえそうだなと、私が歌手志望ならそう思う。実際、歌もラップも心底上手いなと思う子は(特にラップで)SMにはなかなかいない。SMにいて才能を開花させるテミンみたいな例もあるけど、彼は本当に特別。テミンはオーディションの時から特別な存在感で事務所の箱入り息子だったし。
 
SMが本当にすごいのは、普通の子から才能引っ張り出して叩き上げて付加価値をつけるのが上手いところ。これ、というジャンルを決めて入ってくるような子とか、このジャンルで特に上手いっていう子にはあんまり興味がなさそう。悪く言えば従順な子に優しい。SMに入って練習してデビューするとなると、入念に練られたストーリー設定があるので絶対に迷子にはならない。その代わり、自分が本当にやりたい音楽をやらせてもらえるまでにはかなり時間がかかる。
 
EXOと同じくらいの年にデビューしているVIXX(2012年)や防弾少年団(2013年)と比べてみると、EXOがはじめから外惑星EXOPLANETからやってきて超能力を持っているという設定を持っていて、その設定に合わせて「人間ではない何か」というコンセプトの曲で活動を展開していたのに対して、VIXXはオーディションを通じてメンバーが決定した後、デビュー曲はSUPER HERO、その次がRock ur bodyで吸血鬼コンセプトで2013年にOn and Onを出すまでにはかなり迷走。デビュー曲から年を追うごとにいい曲が出てるのはうれしい限りだけど、現在のコンセプトに行きつくまでのVIXXがかなり別人。防弾少年団も、デビューした時にこのヒップホップグループがどうして何年か後に「花様年華」なんてアルバムを出して1年以上引きずることが想像できただろうか。結局はじめのコンセプトではまったく売れなくて、曲調をかなり変えた後に初めて売れたという感じが否めない…私の中では防弾少年団の迷走具合はデビュー当時から見てきたのですごく顕著に感じられます。
 
EXOが全然ぶれないのは、事務所がそういうコンセプトでもってはじめから売ろうとしてきているので、簡単には捨てられないから。EXOと同じ年にデビューしたB.A.Pは、エネルギーとなる観客の歓声を集め滅亡しかけている故郷の星を助けるために地球に来ていて末っ子はリーダーが作ったロボットという、ともすればEXOより中2なコンセプトを持っていたにも関わらず現在は人間味しかないのを見ると、EXOよく頑張ってる方だ、と思います。今でもちょいちょい、宇宙だの銀河だの歌詞に入れてきてるとこを見ると、ネタが尽きないことと裏にいる大人たちのがんばりに脱帽です。
 
つまり、SMに入れば迷走はしなくて済む。迷走せずに売れることができる。ただ、本人たちが作詞したり作曲したりした曲を出すまでにはかなりの時間がかかります。ジョンヒョンだってやっとグループの曲を作詞できるようになったし。チャニョルやレイさんが必死に作曲活動してるのを見ると、EXOもメンバーがセルフプロデュースできるようになる頃には相当な候補曲が生まれていそうだけど、まだまだ先のことだろうな。例さんもジョンインもセフンも振付できそうだけど、まだタイトル曲の振付するまでには至ってない。
 
問題は、そういう圧迫に耐えられるのかどうかというところ。ジョンヒョンだったりテミンが自分が好きなスタイルの曲でソロデビューするまでにかなりの時間がかかっているので、EXOも完璧な事務所の保護誘導ラインから解放されるまでにはまだまだ年数がかかりそう。それに耐えられなくて抜けていったメンバーもいて、ほころびは見えてきてたのに、それすらもコンセプトで事実関係を隠すSMさすがすぎ。これ、というやりたいジャンルにこだわりがある子、ある方面に関して強烈な才能を持っている子はSMでは息が詰まってしまうんだろうなと思う。SMが求めてるのはマルチな人間だから。だからこそラッパーは育たないし、そういうシステムも存在しない。ラッパーはラッパーで育てるけど、絶対ヒップホップしかやりたくないっていう子はSMではやっていけない。
 
それと真逆なシステムを持ってるYGと比べれば、あそこは強烈な才能を持ってる子を欲しがる事務所だから、G.dragonもCLも小さい頃から目をつけられて事務所で徹底的に訓練された口。それと同じ路線を辿ってるのがiKONのB.I。彼らみたいに、ヒップホップで特別な才能を持っててそこでこそ輝ける、みたいな子はSMにはいない。どんなコンセプトでも曲でも嵌る柔軟な子、あまり自己主張しない子がSMで成功する。
 
 
だけど実力のある子がモテるようになった今でも、SMは曲を出せば必ず成功するし、視野に入れてるファン層が巨大だから結果的に誰かが問題起こしてももう一度プロデュースする力も金もあるから困る。「アーティスト肌すぎて先が不安になる」ほど強烈な子がいないから、脱退熱愛以外は安心して見ていられるし、コンサートを開ける国も地域も多いしコンサートの規模も大きいから必ず会えるチャンスがあるし、練習生そのものの母体数が大きいからその中で選び抜かれた子は抜群に特別だしタレント性がある。だからモテるし、ファンは減らない。減っても新しく増やせるくらいに事務所が影響力を持ってるから結局プラマイゼロ。SMファンは特に新規がうざいとか言ってられない。
 
 
だからEXOは休む時間もあるはずだし、熱愛騒動が鎮火するまでは息ひそめていたっていい。そういう事務所で活躍してきたんだから。勢いで押していくのはもうやめた方がいいと思う。